マイホームを夢見て貯金する日本人

いつかは自分だけのマイホームを持ちたいと願う日本人は、とても多いです。一戸建てに限らず、マンションであっても自宅として所有するか賃貸で住むかでは、大きな違いがあるものです。自分の家を持つことは、財産形成ができたことの証でもあり豊かさの象徴とも言えるからでしょう。

マイホームを建てることが日本人の夢

マイホームを建てることは、昔から日本人の夢でもあります。やはり、自分が稼いだお金で自分が自由にできる家を建てるのは働き甲斐が有ることだと言えるでしょう。自分と自分の家族のために、マイホームを建てるために、毎日一生懸命働いているサラリーマンも多いのです。

マイホームを建てるには、元から資産を持っているか、安定した職業と収入があることが大切です。つまり、マイホームを持ちたいと願い努力している人は、一定以上の豊かさの中にいると言えるでしょう。ほとんどの場合、ローンでマイホームを持つことになりますが、ローンを組むにも収入保障などの審査がありますからね。

安定した収入がある人は、マイホームのローン審査にも通りやすいのです。マイホームを持つことができる人が多いことは、やはり日本の豊かさを象徴していると言って良いのではないでしょうか。

マイホームを持つことは財産形成にもなる

さて、マイホームを持つことは財産形成にもなります。マイホームは、固定資産の部類であり、毎年固定資産税を支払う必要があるほか、相続の際には固定資産としての価値を認めることになります。つまり、マイホームは価値ある資産のひとつ、というわけですね。

すべての日本人がマイホームを持っているわけでは、ありません。中には、自由気ままな賃貸派や資産不足などの理由でマイホームを持てない人たちも多くいます。しかし、ごく一般のサラリーマンが当たり前のようにマイホームを持つ希望があるのも、日本が豊かな証拠なのです。

マイホームを持つことは、何かあったときの担保にもなります。たとえば、会社を作ったときに銀行から融資を受けるときにも有利になるでしょう。マイホームを持つことは、豊かさの象徴でありながらも、財産形成としても有効な手段に変わりないのです。

マイホームを持っていることは老後の安心にも

マイホームを持っていることは、老後の安心にもつながります。豊かな日本でも、老人は増加するばかりで健康保険や介護保険の運用は、日に日に赤字になるばかりです。しあkし、マイホームを持っていることは資産があることになるので、その分安心と言えるでしょう。

日本は豊かな国ですが、自分たちの将来をより豊かなものにするためにマイホームを持つ人も増えています。自分の老後は、自分たちで何とかしようと考える人が多くなってきているのも、豊かな状態にいるからできることです。

マイホームに縛られずに、自由に賃貸生活をしている人も否定はしません。しかし、本当の意味で豊かに暮らすことを知っている人は、老後のことも考えてマイホーム購入を考えているものです。日本人のマイホーム志向が依然として高いのも、豊かさが根底にあるからと言えるでしょう。

まとめ

毎日一所懸命に働いて、マイホーム購入のためにがんばっている日本人は多いです。マイホーム購入は、豊かさの象徴であり財産形成のひとつとしても有効な手段。豊かな日本だからこそ、まだまだマイホーム志向が強いと言えるのでしょう。自分だけの城を持ちたいという考えは、古くから日本人の根底にあると考えましょう。