観光地のゴミ拾いなどが盛んな日本

日本の名だたる観光地には、今や国内外から多くの観光客が押し寄せて大人気の状態です。観光地にとって、観光客がたくさん来てくれることは願っても無いことですが、多くのゴミに悩まされているのも事実でしょう。しかし、観光地を始め日本ではゴミ拾いなどのクリーン活動やボランティア活動が盛んであり、自らきれいな状態を保とうとする精神が誇りなのです。

観光地のクリーン化作戦をする日本人

観光地には、たくさんの外国人観光客がやってきます。日本の良さに対して多くの外国人の人が興味を持ってくれることは、とてもうれしいことには違いありません。しかし、人気の観光地であればあるほど、ゴミの問題に悩んでいるのも事実です。

観光客がやってくると、飲み物だけでなくお弁当やデザート類など食べ歩き可能な食べ物がよく売れます。売る方は商売繁盛でありがたいことですが、道端には多くの食べかすや容器が散乱しているものです。商売繁盛とごみの問題は、切っても切れないものだと考えましょう。

でも、観光地で商売をする人だけでなく、地元に住んでいる人も積極的にクリーン化作戦をするのが日本人の特徴です。自分が住んでいる地域をいつでも美しく保ちたいという気持ちは、日本人ならではのキレイ好きな面が出ていると言えるでしょう。休日などには、多くのクリーン化作戦が行われている事実を知ってください。

地域活動でもボランティアでゴミ拾いが盛ん

また、観光地でなくても、地域活動の一環としてごみ拾いが盛んです。皆さんも、道路を歩いていてゴミだらけで歩くことができない、といった場面には遭遇しないことでしょう。それは、常に地域活動で道路などを始めとしたゴミ対策に力を入れているからなのです。

私たちが道を歩いても、ゴミだらけの場面に遭遇しないのは、地域に住んでいる人がボランティアで清掃活動をしているおかげであることも多いです。やはり、自分が住んでいる街がゴミで汚れているのは良い気持ちがしません。

町内会や職場の有志によって、街がキレイに保たれているのです。ゴミの無い、きれいな街で安心して暮らすことができるのは日本の誇りのひとつと言えるでしょうね。それに、ゴミがキレイに片付けられている地域は治安も良いので、相乗効果で人が集まりやすいというメリットもあるでしょう。

美しく快適な環境作りへの注目度が高い

日本人は、美しく快適な環境作りへの注目度が高いことが大きな特徴ではないでしょうか。清らかな水を求めて清流に出掛けたり、世界遺産に指定のある観光地に出向いて風景を楽しんだりすることが大好きだったりします。もともと、日本では、美しく快適な環境を重んじることが多かったと言えるでしょう。

たしかに、高度経済成長期やバブル期には自然を破壊してまで開発に注力した時代もありました。しかし、今ではむやみな開発よりも自然保護や環境保護を視野に入れたクリーン活動が盛んになっています。

外国人が多く訪れる観光地のゴミ拾いが盛んに行なわれているのも、やはり日本人に美意識の一環なのです。ゴミの無い快適な状態にすることで、日本が誇る観光地をよりアピールできることにつながっていると言えるでしょう。

まとめ

日本人は、身の回りをきれいに保つことが好きです。また、身の回りだけでなく自分が暮らす街や観光地の美化にも高い関心を寄せていることも覚えておきましょう。観光地や地域でのクリーン活動や、ボランティアでのゴミ拾いが盛んに行なわれていることからも、明らかです。自らきれいな環境を保とうと意識し、また実行できる点は日本人の良いところだと誇ることができますね。